マーチングブラスの買取します!マーチング用メロフォン、バリトン、ユーフォニアム、チューバを買い取りします

フォームで詳しく楽器買取のお見積もり ラインで簡単な楽器買取お見積もり
マーチングブラス 買取

マーチングブラス 買取

マーチングブラスがどんな状態でも買い取りできますか

  • 外装に錆や汚れがあるマーチングブラス買取します
  • 管体にへこみや傷があるマーチングブラス買取します
  • ラッカーハガレ、鍍金の浮きがある楽マーチングブラス買取
  • ピストン、スライドが動かないマーチングブラス買取します
  • 付属品のケース、マウスピースがないマーチング買取
  • 品番、製造年度が不明なマーチングブラス買取

マーチングブラスを売る前に役立つ情報はこちらのページです
マーチングブラスを手放されるケースはこちらのページです

マーチングブラス 見積りのポイント

メーカー、品番、シリアル番号、外装、使用感で買い取りのお見積もりをします

マーチングブラスのロゴ

■品番の刻印
刻印はロゴと品番

マーチングブラスのシリアル番号

■シリアル番号
ピストン部分の刻印

マーチングブラスのメンテナンス

■外装&楽器状態
さび、傷、凹み、固着

マーチングマーチングブラス メーカーと品番

銘柄 品番
キングマーチングブラス King(USA) マーチングメロフォン1121、マーチングホルン1122、マーチングバリトン1127、マーチングユーフォニューム1129、マーチングチューバ
ダイナスティマーチングブラス Dynasty トランペットM503L,M503XL,M503S、メロフォンM541L,M541S、フレンチホルン、コンバーチブル、 チューバ、コンパクトトロンボーン、バリトン
ヤマハマーチングブラス
YAMAHA
コンバーチブルモデル
マーチング金管楽器
メロフォン、YMP201M,YMP204MS、マーチングフレンチホルン、YHR302M,YHR302MS、バリトン、YBH-301M,YBH301MS、ユーフォニアム、YEP-201M,YEP202MS、E♭チューバ、YEB-201M,YEB-201MS、B♭チューバ、YBB-105M,YBB-105MS,YBB-201MS,YBB-202MS、スーザフォン、YSH-301 ブラススーザフォン、YSH-411,YSH-411S

マーチングトランペット・コルネット・フリューゲルH取扱い

演奏前の準備

マウスピースのセットは軽くまわすように入れます。強く押し込まないようにしてください、ピストンをまわさずにまっすぐ途中まで抜いてバルブオイルを2~3滴注入します。その後笠ねじを締めてオイルがなじむように何回かピストンを上下させます。コルネットのピッチは温度で変化しますので、チューニングは管内によく息を吹き込んで温めてから抜差し管で調整します。ピストンの向きはピストンに刻印してある数字をマウスピース側に向くようにしてください。

演奏後の準備

バルブゲーシングの内側の汚れ、ピストンの汚れをガーゼでふき取る、ウォーターキーや抜差し管から管内の水分を出す。抜差し管を抜くときは対応するピストンを押しながら行う。そして、抜差し管の古いグリスを抜き取り新しいグリスを塗布してグリスがなじむように2~3回スライドさせます。最後に柔らかいクロスなどで管体の表面の汚れや埃を取ります。

マーチングユーフォニアム・チューバ・バリトンの取扱い

演奏前の準備

マウスピースのセットは軽くまわすように入れます。強く押し込まないようにしてください、ピストンをまわさずにまっすぐ途中まで抜いてバルブオイルを2~3滴注入します。その後笠ねじを締めてオイルがなじむように何回かピストンを上下させます。コルネットのピッチは温度で変化しますので、チューニングは管内によく息を吹き込んで温めてから抜差し管で調整します。ピストンの向きはピストンに刻印してある数字をマウスピース側に向くようにしてください。

演奏後の準備

バルブゲーシングの内側の汚れ、ピストンの汚れをガーゼでふき取る、ウォーターキーや抜差し管から管内の水分を出す。抜差し管を抜くときは対応するピストンを押しながら行う。そして、抜差し管の古いグリスを抜き取り新しいグリスを塗布してグリスがなじむように2~3回スライドさせます。最後に柔らかいクロスなどで管体の表面の汚れや埃を取ります。

マーチングトロンボーン(marching trombone)の取り扱い

お手入れ方法

マウスパイプの中を掃除する場合はクリーニングロッド(スワブ)のみで掃除するのがよい。マウスパイプはマウスピースを付ける側のパイプです。クリーニングロッドのガーゼの巻き終わり部分は手で持って掃除してください。マウスピースの掃除には、マウスピースブラシを使用します。

  1. スライドの中管の汚れを取り、先端のストッキングの部分にスライドクリーム又はスライドオイルを適量塗ります。スライドグリスは動きが鈍くなりますので塗らないようにしてください。
  2. スライドオイルの場合はそのままでよいが、スライドクリームを塗ったあと、ウォータースプレーで十分水分を吹きつけます。ウォータースプレー(容器)に入れる水は、できればミネラルウォーターなどがよい(水道水などでカルキが入っている水はよくない)
  3. スライドクリームを塗布した場合は何回かスライドさせて、クリームを十分に伸ばしましょう。演奏中にも動きが悪くなった時にはウォータースプレーで水分を吹きつけてください。テナーバストロンボーン、バストロンボーンはレシーバー側からローターへ、ローターオイルを注油してください。

楽器買取りの流れ

買取の流れ ご希望の方には梱包キット(梱包材料)を無償でお送りいたします!

買取のフォーム又はお電話で楽器の詳細をお知らせ下さい

お見積り金額でご納得の場合、梱包キットなどをお届けします

同封の説明書通りに楽器を梱包し、着払いにて発送して下さい

買取の楽器を確認でき次第、ご指定の銀行口座にお振込みです

当店へは送料着払いでお送りください♪

らくらく梱包セットをご利用ください!

  • ご希望の方には、らくらく梱包セットを無償でご提供いたしております
  • 梱包のプチプチ、着払い伝票、割れ物注意シールです
  • お気軽にお問い合わせ、お見積りのご依頼をくださいませ
  • おかげさまで大好評です♪ お待ちいたしております。